富山県内で工具の買取をお考えの方は、工具買取ファーストチョイスにお任せください!どこよりも高く買取致します!!

富山県インパクトドライバ買取

工具買取ファーストチョイスでは

富山県内で使わなくなったインパクトドライバを高価買取しております!

倉庫や物置に眠っているインパクトドライバがあれば、当店までお売りください!

査定額は最短3分ですぐにわかります。

また、富山県内であれば最短即日でお客様の元までお伺い可能です!

お見積もりやキャンセル料などは一切ございませんので、

まずはお気軽に工具買取ファーストチョイスまでお問い合わせください!

0120-320-993(年中無休 9:00~21:00)

 

インパクトドライバーとは

インパクトドライバーという工具は、現場の職人さんから日曜大工やDIYまで、様々なシーンで使える大変使い勝手の良い電動工具です。インパクトドライバーは電動でねじを回します。ねじを回すだけなら安価な電動ドリルドライバーを使用すればいいのですが、普通のドリルドライバーとインパクトドライバーの最大の違いは、名前の通りインパクトがあるかどうかです。インパクトとは「打撃」の事で、インパクトドライバーを使用する際には、ねじ締めの時に回転するだけでなく、垂直方向に打撃を加えることが出来ます。打撃を加える分、強烈な力でねじを締めることが出来ます。電動ドリルドライバーでは止まってしまうような、長い木ねじを締める際に特に有効です。ただし、垂直の力が加わるので、穴あけ時に綺麗な穴が開かなかったり、プラスチックや薄い材質のネジ締めをしたりするには不向きです。

インパクトドライバーの選び方

電動インパクトドライバーには大まかに分けて3つの種類があります。コード式(コンセントに差すタイプ)、コードレス式(バッテリー充電式)、エアー式の3つです。

コード式のインパクトドライバーは、安価でトルクが高い事が特徴です。ただし、コンセントに接続しなければならないので、電源があるところでしか使用できないうえに、使用可能範囲はコードの長さまでになってしまいます。最近ではバッテリー式のインパクトドライバーがかなり高性能になってきており、建設現場でもコードレス式が主流となっており、そのため現在ではコード式のインパクトドライバーはあまり使用されなくなってきております。

コードレス式のインパクトドライバーは、電源が不用なためどこでも使用でき、使い勝手が非常によいので、建設現場をはじめ、家庭でのDIYにも非常によく使用されています。

ただ、コード式に比べ価格が高価になっていることと、バッテリーが消耗すると交換費用が高価になってしまう欠点があります。

バッテリー式のインパクトドライバーはホームセンターでも多数販売されており、家庭用かプロ用かに分かれます。メーカーによって異なりますが、家庭用の廉価版と、プロ用の高性能版で分けられており、色分けされていることが多いです。

プロ用は高価な代わりに耐久性、性能などメーカーの技術が詰まった製品になっています。家庭用は安価な代わりに耐久性や性能面ではどうしても劣ってしまいます。

ただし、日曜大工でたまに使用する程度であれば家庭用のインパクトドライバーでも十分に活躍するので、使用目的に合ったインパクトドライバーを選ぶことが重要です。

コードレス式のインパクトドライバーはバッテリーの電圧にも注意が必要です。

大まかに分けて7.2V、10.8V、14.4V、18Vの4種類があり、電圧が大きいほどパワーがあります。

ただし、電圧が大きくなると重量も重くなるため、使用目的に合わせて電圧も選ぶといいと思います。

また、その他のバッテリー工具を使う場合は、バッテリーの共通化を図ることでコスト削減になりますので、同じバッテリーで様々な工具を使用できるように選択するのがおすすめです。

 

インパクトドライバーを長く使うためにやっておきたいこと

 

インパクトドライバーは木ねじ締めや、穴あけにも使用されることもあり、負荷のかかる使用方法が多い傾向にあります。

まず気を付けたい点は、可動部をメンテナンスすることです。

先端のビットを装着するためのビットホルダーや、トリガーなど、可動する箇所はいつもきれいにしていないと、錆やゴミなどで動かなくなってしまい、最悪の場合故障してしまいます。特にビットホルダーは頻繁に動作する場所なので、木くずや金属片、埃が入らないように常に気を使い、使い終わった後はきれいに掃除し、定期的にグリスやシリコンスプレー等でメンテナンスしてあげると長持ちします。

次に注意したい点は、モーターの発熱です。

インパクトドライバーのモーター内部に異物が入ると、モーター内部でショートしてしまい、こちらも故障の原因になります。

インパクトドライバーを分解してしまうとメーカー保証が受けられなくなってしまうので、モーター内部に異物が入らないよう常に気を付けなければいけません。

とくに、埃や粉塵の多い場所や水気の多い場所などは特に気を付けて、使用した後はきれいにしたり、メンテナンスをすることをおすすめします。

 

バッテリー式のインパクトドライバーでの最大の問題はバッテリーの劣化です。

リチウムイオンバッテリーは従来のバッテリーと比較してかなり長期間劣化せずに使用できますが、それでも徐々に劣化はしてしまいます。

富山県内でニッカド電池や従来のバッテリーに関してよく言われていた、完全に放電してから充電した方がいいというのは、リチウムイオンバッテリーには当てはまりません。

継ぎ足しで充電してもリチウムイオンバッテリーは劣化しないので、こまめに充電しても問題ありません。

ただし富山県でのリチウムイオンバッテリーは高価ですので、社外品の互換バッテリーを購入する方もいらっしゃると思います。

社外品のバッテリーは内部のシステムが異なっており、製品によっては本体の故障の原因になるだけでなく、火災の原因にもなってしまいます。

高価な純正バッテリーには高価なだけの理由があります。富山県でインパクトドライバーを使用する際は必ずメーカー純正のバッテリーを使用するようにしましょう。

 

 

各種メーカーごとの違い

マキタ(Makita)

マキタのインパクトドライバ、TD130Dの買取写真

マキタは国内トップシェアを誇る、日本を代表する電動工具メーカーの一つです。マキタでは主にコード式と充電式という2種類のインパクトドライバーを販売しています。

過酷な環境でも問題なく使用できるように防滴・防塵機能があり、富山県内でも建築現場を始めとした様々な職人さんに愛用されています。

充電式のインパクトドライバーは、バッテリーの残量が一目で確認できる機能があり、急にバッテリー切れとなってしまい、作業がストップすることがないようになっています。

 

最新式のインパクトドライバーでは、リチウムイオンバッテリーを搭載しており、長時間の使用が可能です。

どのような作業現場にも対応できるように全長が短いモデルも製造されており、狭い場所での作業でも可能なインパクトドライバーの製造にも力を入れています。

現在のマキタのインパクトドライバーは全て高出力なブラシレスモーターを搭載しているので、小型でありながらパワフルな動作が可能であり、作業効率の向上に役立ちます。

マキタの充電式工具は他にもたくさんあるため、バッテリーが共用できるというメリットもあります。

 

短所としては、富山県での所有率が高い為に現場作業で他の職人さんと同じインパクトドライバーを使用しており、だれの物かわからなくなってしまうことがあります。

マジックで名前を書いたり、ビニールテープを巻いたりして他の工具と差別化を図っている方が多いです。

 

HiKOKI(日立工機)

HiKOKI(旧日立工機)のインパクトドライバーは、リチウムイオン電池の性能と互換性に優れている点が非常に優れています。

特に36Vバッテリーを中心としたマルチボルトバッテリーは、36V、18V、14.4Vの電動工具を1つのバッテリーで使い分けできる、他のメーカーにはない便利な機能があります。

マルチボルトバッテリーを持っていれば、対応する様々な電動工具を使用することができるので、重たいバッテリーを複数種類持つ必要がなくなるメリットがあります。

また、18Vの電動工具にこだわらなくてもよくなるので、使い道に応じて14.4Vの電動工具を選択することもでき、柔軟な対応が可能になります。

また、最近では静音タイプのインパクトドライバーも販売しており、富山県ないでも騒音に気を付けなければならない現場作業や、近隣住民の迷惑にならないようにしたい方におすすめしたいシリーズです。

充電方式も、電池寿命の低下を抑制する機能があり、また充電時間も非常に短くなっています。

また、日立の上位シリーズのインパクトドライバーでは、打撃回数を通常の2か所から3か所に増やし、より小刻みな打撃により、振動を低減しています。

負荷によって打撃数を制御しているので、負荷がかかる作業も問題なくこなすことができます。

 

パナソニック(Panasonic)

EZ7548 マルチインパクトドライバーの買取写真

パナソニックのインパクトドライバーの特徴は、富山県での電気工事に求められる機能が充実しているという点ではないでしょうか。

冷却効果を重視した設計で、熱に強く、連続作業に向いています。

また、他のメーカー以上にLEDを重視しており、2灯にすることで影が出にくく暗所での作業を快適にしています。

インパクトドライバー本体だけでなく、ケースにもこだわっており、様々なタイプの先端工具を収納できるようになっており、非常に使いやすくなっています。

 

パナソニックでは静音をとにかく重視したオイルパルスインパクトドライバーも特徴の一つと言えます。

オイルの圧力で主軸が回転するため、金属打撃音がなく、振動も少ないので、大きな音を出せない現場やDIYにとても使いやすいインパクトドライバーだと思います。

電気工事に求められる様々な機能を搭載しているパナソニックのインパクトドライバーは、他のメーカーにはない機能がたくさんあり、使用用途によってはとても使いやすくなるメーカーになると思います。

 

ボッシュ(BOSCH)

ボッシュ コードレス振動ドライバドリル GSB 18V-ECの買取写真

電動工具の分野でヨーロッパ最大手のボッシュですが、インパクトドライバーも様々な種類を展開しています。ボッシュのインパクトドライバーは大きく分けてプロ用とDIY用の2種類に分けられます。

中心となっているのはプロ用であり、トルクはもちろんですが、持ちやすさや使いやすさにこだわったデザインが特徴です。多くのメーカーが人差し指でトリガーを引くデザインになっているのに対し、ボッシュのインパクトドライバーは、中指でトリガーを引くようなデザインになっています。やりにくく感じるかもしれませんが、一度中指でトリガーを引くように持ってみるとそのバランスの良さに驚き、他のメーカーのインパクトドライバーは使えなくなってしまうほどです。

他のメーカーと同じく防塵・防滴機能もあり、メンテナンスの必要が無いブラシレスモーターを採用していることから、性能面でも他メーカーのインパクトドライバーと変わらない性能を持っています。

 

最近ではバッテリーの長寿命化、高性能化にも力を入れており、現場での長時間の作業にも耐えられるようなバッテリーを開発、製造しています。

 

ボッシュの欠点としては、バッテリー式の電動工具のバリエーションがやや少なく、バッテリーの共用がしづらいという点があると思います。

ただ、用途がはっきりしていれば特に気にならなくなってしまいます。

 

ヒルティ(HILTI)

ヒルティのインパクトドライバーは、木材に対してだけでなく、金属や鋼材へのネジ締めにも問題なくパワーを発揮する性能を有したモデルを多数販売しています。

ヒルティの電動工具はDIY向けよりも、現場の職人さんが使用するプロ向けの製品がほとんどです。

充電式インパクトドライバーでは12V、14V、22Vと、他のメーカーにはない電圧のバリエーションで、トルクのイメージが付きにくく手を出しにくい印象もありますが、サイズ感やパワーが用途にはまれば、他のメーカーのインパクトドライバーは使用できなくなる場合もあります。

 

ヒルティはプロ用のインパクトドライバーをメインに販売していますので、耐久力が高く、長時間の使用にも耐えられる頑丈な造りになっています。販売されているインパクトドライバーのラインナップ自体は他のメーカーに比べると少ないですが、全ての機種で求められる機能は全て備えており、また無駄な機能も極力削いだシンプルなものとなっています。また、アフターケアに関しても非常に評判が良く、2年間無料の修理サービスを受けられますので、安心して使用できます。

 

ヒルティは富山県内でもハンマドリルがメインのメーカーですので、ヒルティのハンマドリルを使用していないと、わざわざインパクトドライバーまで購入するメリットが薄くなってしまいます。ただ、他のメーカーとバッテリーの電圧が異なるので、重量とパワーのバランスがマッチすれば、選ぶ価値があるメーカーと言えます。

 

マックス(MAX)

マックスのインパクトドライバーは使用用途に応じたモード切替の多さが特徴的で、増締モードから鋼強モードなど、様々なモードが用意されていることが特徴です。

モード切替によって、ミスやネジの破損といったトラブルを抑えることができます。

 

マックスはプロ用の電動工具メーカーですので、過酷な環境で使用しても故障しにくい頑丈な製品を製造していることも特徴です。

おがくずやコンクリート、石膏の粉などの粉塵にまみれたり、結露や降雨など、現場で起こりうる状態を想定した性能試験を行っているため、富山県内のどのような環境でも使用できる、信頼性の高いインパクトドライバーと言えます。

 

さらに、プロ用のインパクトドライバーならではの機能として、ランタンとしても使用できるLEDや、打撃モードの切り替えをトリガースイッチの操作のみで切り替えることができる、片手モードの存在が挙げられます。LEDは4種類の明るさに調整することができ、LEDを照射するだけのランタンモードが搭載されているため、障害物や手で影が発生することがなくなり、現場の細かいニーズにも応えた製品開発をおこなっています。

片手モードでは、打撃モードの切り替えをスイッチを握るだけで可能になり、片手が塞がった場合でも簡単に操作できるため、現場での利便性の高さを評価してマックスのインパクトドライバーを愛用する職人さんも多数いらっしゃいます。

 

マックスのインパクトドライバーの欠点は、プロ用の電動工具なので価格が高く設定されていることが挙げられます。日曜大工程度で使用するには機能が多すぎ持て余してしまう場合もありますが、現場で長時間の使用をする場合はその価格以上に活躍しますので、おすすめのメーカーの一つです。

 

リョービ(RYOBI)

リョービのインパクトドライバーは、ホームセンターでDIY用のインパクトドライバーがよく販売されているので、DIY用のメーカーと認識しがちですが、プロ用のインパクトドライバーも数多く販売されています。

小型で軽量なのは、どのモデルにも言えていますが、プロ用とDIY用では機能に格差があり、予算や使用目的に応じて好きな機種を選んで購入できるということがリョービのインパクトドライバーの最大の特徴ではないでしょうか。

 

ホームセンターによく置いてあることから、安価なイメージがあるリョービですが、従来より性能の高さは備えており、他のプロ用インパクトドライバーと比較しても遜色ないものでした。最近ではプロ用の最上級シリーズをブランド展開することで、シェアアップを狙っています。

 

最新のモデルでは、コンパクトな全長106㎜のインパクトドライバーも発売しており、狭い場所でもパワーが必要な現場でも使用できる、使いやすいモデルです。

またカラーデザインもこだわったものに変更してきており、今後のプロ用インパクトドライバーのシェアアップが期待できます。

 

DIY用では価格とシンプルな造りで取り回しがしやすく、日曜大工程度なら問題なくこなせるものばかりですので、初めてのインパクトドライバーにもおすすめできます。

 

 

デウォルト(DeWALT)

 

デウォルトのインパクトドライバーは2種類販売されており、主にDIY用として使用できる物となっています。

デウォルトの特徴としては、重量がそこまで重たいわけではないですが、他のメーカーと比べ圧倒的なパワーがあります。

MAXトルクが205N.mとかなりの高トルクがあるので、タイヤ交換や硬いねじの締め付けにも使用できます。

海外製の18Vインパクトドライバーの中では信頼できるモデルの一つであり、国内メーカーと比較しても多少安価ですので、富山県でとにかくパワーのあるインパクトドライバーが使用したいという方におすすめです。

 

半面、日本では取り扱いが少なく、購入できる店舗が限られてしまう点がデメリットです。故障時の修理やメンテナンスの代行などのサービス面にも不安が残り、手厚いサポートを望みたいという方にはあまり向いていません。

デザインは若干古いですし、音もかなり大きいのでいかにもアメリカの工具メーカーの製品といった趣ですが、使いこなせれば非常に頼りになるインパクトドライバーにもなると思います。

 

ブラックアンドデッカー(Black & Decker)

ブラック&デッカーはアメリカで最も歴史のある電動工具メーカーの一つです。

家庭の園芸用や、DIY用の電動工具を主に扱っている、どちらかというと家庭向けの電動工具メーカーです。

7.2Vのパワーを抑えた組み立て家具の制作に適したインパクトドライバーや、タイヤのナット外しや太い木材へのネジ締めなどのトルクが必要な作業に向いている18Vのインパクトドライバー等、現在では4種類のインパクトドライバーをラインナップしています。

7.2Vのインパクトドライバーは、小型軽量で女性でも使いやすく、値段も安価なためDIYの入門用に最適な一台と言えます。

国内メーカーでも7.2Vのインパクトドライバーは富山県内でも発売されていますが、価格はブラックアンドデッカーの2倍程度となっています。

近年では中国を中心に安価な電動工具が多数販売されていますが、バッテリーの安全性や耐久性の不安を抱えていることを考えると、歴史あるメーカーの製品を購入した方がいいのではないかと思います。

 

ブラックアンドデッカーのインパクトドライバーの中で、18Vのリチウムイオンバッテリーを使用するEXI18が、現在のフラッグシップモデルとなります。

最大トルク170Nmと、他のプロ用メーカーのインパクトドライバーに匹敵するトルクを持ち、最大で125mmの木工ねじ締めが可能なDIYが快適に行えるモデルです。

重量も1.5kgとなっており、気になる重量ではないので、DIYでインパクトドライバーを使用したい方には最適のモデルの一つになるのではないでしょうか。

 

ブラック&デッカーの電動工具全般に言えることは、その価格の安さであり、DIYで使用する分にはどの製品も十分な性能を持っているため、電動工具を持ってみたいという方にとっては、候補の一つには上がるメーカーです。

ただし、あくまでDIY用にはなってしまうので、長時間使用による耐久性や、大きなモーター音、細かい操作感はない等のデメリットもありますので、現場での作業にはあまり適していないのではないでしょうか。

とにかく安価でトルクのあるインパクトドライバーが欲しいという方には最適の一台と言えます。

 

 

>工具買取ファーストチョイス

工具買取ファーストチョイス

富山事業所:富山市海岸通64-2
滑川営業所:滑川市高月町360-1
TEL:076-464-6936
email:info@kaitori-toyama.jp
古物商許可証番号【富山県公安委員会】古物商許可証:第 501040007783 号